最新記事

教育に関わる仕事はいろいろとありますが、その中でも最も有名なものが教員です。
学校の先生として教壇に立つためには教員免許が必要になります。
教員免許は教える学校によって違いがあります。
幼稚園の先生として仕事をするために必要なものが幼稚園教諭免許、小学校の先生では小学校教諭免許が必要になります。
この2つには専門教育はありません。
中学校での指導をするためには中学校教諭免許、高校で指導をするためには高等学校教諭の免許が必要になります。
中学校と高校の免許にはそれぞれ専門の教科が指定されているので、専門教科を指導することが中心になります。
基本的にはそれぞれの学校に応じた免許を保有していなければ指導をすることができません。
ただし、少人数の教員しかいないような学校であれば、校長の許可を得たうえで免許外指導をすることができるようになっています。
これらの教員免許には1種、2種、専修の3つの種類に分かれているので卒業学校によって交付される免許が異なります。